相談室
Q 質問5:緑青の毒性はどの程度でしょうか。
A
厚生省が発表した緑青の毒性はアスピリン程度です。
緑青の動物実験を実施した厚生省は緑青の毒性の程度は、「(1)現在、食品のチーズ・バター・マーガリンの合成保存料として使用しているデヒドロ酢酸ナトリウム、(2)医薬品の解熱鎮痛薬として歯痛、感冒等の治療に使用されている非ピリン系とほぼ同様である」と報告しております。
また、厚生省の毒物・劇物取締法の判定基準から見ると、(1)毒物、(2)劇物、(3)普通物の分類中、緑青は普通 物に相当することがはっきりしました。
このように緑青は永年にわたって「有害」と恐れられて来ましたがまったく普通のもので、衛生的にも特に心配ありません。但し、緑青は銅のさびですから銅食器などはさびが出ないよう管理し、さびが出た時はさびを落して使用するのが常識です。
Back
サイトマップお問い合わせ